借金減額シミュレーターのからくりとは?注意点を知った上で賢く活用

借金問題で悩んでいる方にとって、「借金減額」は魅力的なキーワードです。

実際に借金減額シミュレーターに表示された数字を見て、そのからくりが気になった方も多いのではないでしょうか?

本当に借金を減額できるなら、「試してみたい」と思うのは当然のこと。今回は、本当に借金を減額できるのかや、その仕組みやからくりを知って、自分に合った方法を見つけ出しましょう。

借金減額シミュレーターとは?減額のからくりも解説

借金減額シミュレーターとは、インターネット上で必要な数値を入力することで、自分の借金をどれだけ減らせる可能性があるか調べるためのシステムです。

シミュレーターの運営元の多くは、弁護士事務所や司法書士事務所です。国の借金問題救済制度である「債務整理」を行った場合の試算結果から、シミュレーション結果を導き出しています。

この債務整理こそが、借金減額のからくりと言えるでしょう。

インターネット上には、無料で利用できる借金減額シミュレーターが数多く公開されています。表示された結果をもとに「もし本当にこんなに減額されるのなら…」と、希望を抱く方もいるでしょう。

「減額できる見込みもないまま結果を表示している」「うまい話で利用者を騙そうとしている」というわけではありませんから、安心してください。

ただし借金減額シミュレーターの中には、「結果は弁護士事務所から電話で連絡」といったケースも多く見られます。「個人情報を渡すのに抵抗がある」「連絡がくるのは困る」といった場合には注意しましょう。

借金減額できるかどうかは個々の状況次第

債務整理を想定して、金額を表示してくれる借金減額シミュレーター。ただし、表示された結果どおりに借金を減額できるかどうかは、個々の状況によって異なります。

債務整理や過払い金返還請求は、個々の状況によって結果が大きく異なるもの。わずかな質問から導きだされる簡易的な診断結果だけでは、以下のような正確な情報を得るのは難しいでしょう。

  • 本当に借金を減額できるのか?
  • 減額できる場合、どの程度の金額になるのか?

これらの情報を正確に把握したい場合、実際に弁護士事務所や司法書士事務所に相談するのがおすすめです。

また、シミュレーターの簡易診断結果で良い結果が出なかった場合でも、必要な手続きをとることで借金を減額できるケースもあります。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、どの手続きを選択するのかによって、得られる結果は大きく異なるものです。

「借金減額シミュレーターで表示される数字はあくまでも目安」と捉え、より詳しい情報は、実際に弁護士や司法書士への相談の上で判断するようにしてください。

借金減額シミュレーターを利用する際の注意点

ひと言で借金減額シミュレーターと言っても、その内容は、ツール提供元によってさまざまです。求められる情報やその使い道、結果が通達される方法など、事前に把握した上で利用することが大切です。

シミュレーター利用の際に入力を求められる情報は、概ね以下のとおりです。

  • 借金総額
  • 借入開始時期
  • 返済状況
  • 連絡先

匿名・連絡先記載なしで利用できるシミュレーターもありますが、表示される結果はその分だけ簡易的になるでしょう。

連絡先を記入した場合、相手先事務所から連絡がくるケースもありますが、借金問題のプロとつながる良いきっかけとも考えられます。シミュレーターよりも一歩進んだ相談をする、チャンスになるかもしれません。

借金減額シミュレーターを利用したり、借金問題について弁護士や司法書士に相談したりするだけでは、ブラックリストに登録されることはありませんから、安心してください。

借金減額シミュレーターを悪用した怪しい詐欺に注意

借金減額シミュレーターそのものは詐欺ではありませんが、シミュレーターを悪用した詐欺サイトである可能性は捨てきれません。借金の状況や連絡先など、プライベートな情報を入力する前には、必ず運営元についての情報を確認するようにしましょう。

詐欺サイトに騙されないためのもっとも確実な方法は、弁護士事務所や司法書士のサイトからシミュレーターサイトへと飛ぶ方法です。安心して利用できる事務所やサイトを探してみてください。

借金減額シミュレーターも賢く活用しよう

弁護士事務所や司法書士事務所が借金減額シミュレーターを用意するのは、「少しでも気軽に、借金問題について相談してほしいから」です。

減額の可能性が具体的な数字になって現れることで、相談のきっかけにしやすいでしょう。

借金減額シミュレーターで得られる情報は限定的で減額できるかもあくまでも目安ですが、必要なヒントを無料で得られるというメリットがあります。

信頼できる運営元の診断であることを確かめた上で、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?